atelier 空 kuh

atelierkhu.exblog.jp ブログトップ

繋がり

会った時に、なんとなく...
初めて会った気がしない、
以前にも、どこかであったような気がする...

初対面なのに
こんな感想を抱く相手って
いますよね!

「ご縁を感じる」

日本人は特に
この「縁」という言葉
よく使うと思います。

「縁」
人と人とのつづきあい。関係。
ゆかり。
仏教では「因」と同義にも用い
原因をたすけて結果を生じさせる作用
「前世の縁」「因縁、縁起」
(広辞苑より)

深い深いつづきあいによって
出会った目の前の人は
どこかで本当に
既に、会っていた...
それは
なんとなくの感覚ではなくて
巡り巡って
会うべくして会った相手
生まれる前からの約束で...
もしくは、
遠い遠い過去において
魂同士がしっかりと記憶して...

人とのご縁には
いつも不思議なものを
感じます。

あのとき
あそこに出向かなければ、
会う事は無かった...
あのとき
あんな事が無かったら...
たまたま、あの場所に行ったから...

いえいえ
たまたまではありません。
偶然ではないんです。

ヨガの世界に、偶然は存在しないといわれます。

全ては
必然

目の前のその人も
いつもそばにいるあの人も
そして
大好きな
あの人も...

みんなみんな
遠い昔から、
知っている

出会うべくして
出会うべきタイミングで
出会った
いにしえからの深い繋がり

全ての縁に
感謝して
これから出会う縁も、

素晴らしいものでありますように☆

今日のワンポイントヨガ
☆カルマは生まれ変わりをも決定する?!☆

自己の為した心、言葉、行為は
必ず自らに返るという、カルマは
カルマン(業)と、訳され
仏教思想と考えられがちですが、
ヨーガの世界では
もっともっと古くから、ウパニシャットという聖典に記載されていました。
それによりますと、
カルマは、人生全てを決定するだけではなく、
生まれ変わりをも、決定するというのです。

悪業を重ねるなら、地獄へ
無智を重ねるなら、動物へ
貪欲な魂は、餓鬼へと至り、
永遠の苦しみの輪廻から逃れられないと記載されています。
悲惨な状態を称して
「奈落の底へ落ちる」
と、ありますが、この奈落はヨーガ経典で地獄を表す
ナラカ(サンスクリット語)が、語源なのです。
地獄はあってほしくないですが、
他を殺したり、傷つける行為の
悪いカルマしか無い場合、
返ってくる世界は、
苦痛だけの世界、地獄が、成立する方が論理的であることが
理解できませんか?
信じるか、信じないかは
皆さん次第です。
[PR]
by atelier-kuh | 2010-02-26 10:20
line

atelier空kuhオーナーの気ままな独り言日記


by atelier-kuh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite