atelier 空 kuh

atelierkhu.exblog.jp ブログトップ

お祝い事

今日はひな祭りです☆
私が小さかった頃に比べて
随分、
ひな飾りも、様変わりしました。
昔は、今よりもっと狭い部屋に
頑張って(^^;)
7段飾りを、半日かけて丁寧に、飾ったものです。
今は、シンプルでおしゃれで、コンパクトなものが、
多いですよね〜♪
でも、ひな飾りを飾る風習は時代を超えて残っているんですから
日本人はマメだな〜と思います(笑)

先日
知人に赤ちゃんが生まれました。
男の子なので、ひな祭りは関係ありませんが
新しい命の誕生は、大変嬉しいお祝い事のひとつです!
まだ、赤ちゃんとの対面は果たせていませんが
会える日が、今から楽しみです♪

お誕生日

誰にでも、必ずある「特別な日」

自分の中では
お祝い事に値する日なのでしょう。
さて
誰にお祝いしてもらうのが、一番嬉しいですか?

つい先日
友人に誘われて
ある、居酒屋に行ってみました。(普段、あまりいきません^^;)
そのお店は
とっても活気があって、若いスタッフの皆さんは
笑顔で、明るく、対応もとても爽やか☆
その月のお誕生日のお客様には
何やらお店からのサービスがあるらしく...
各テーブルにタンバリンが手渡されました。
...???
踊るの?
歌うの?

☆ショータイム☆
スタッフの皆さんは元気いっぱいに
踊って歌って、Happy birthday〜☆
お誕生日の方に、お祝いムード満点のサービスをされました。(デザート付き)
すごい(@@)
エネルギッシュなプレゼントは拍手とともに幕を閉じ...

一緒に行った友人は
「いいね〜誕生日って♪お祝いされるっていいね〜♪」
なんだか、
涙目になって感動していました(^^)

そう、確かに、
人にお祝いされるって、とても嬉しい事ですね☆
温かい気持ちが通じると
感動します。
(ちょっと、余談ですが、こういう時は胸のチャクラ、アナハタチャクラが振動します)
人間っていいな
なんて、思う瞬間の一つと言えるでしょう。

では、
他人の誕生日、
同じようにお祝いできるでしょうか?

見ず知らずの他人

...そんなのお祝いする必要ないでしょ?
そう感じますか?
でも
知らない人にお祝いされるのも、嬉しいと感じるのであれば
お祝いしてもいいのでは?
一緒に喜んでも、いいのでは?

ましてや、自分のお世話になった人、近くにいる人、そばにいる人
家族はもちろん、家族じゃなくても、親戚でも、身内でも、または
そうじゃなくても...

あの人の誕生日は、嬉しいけど
あの人のは、別にお祝いする気にならない...
...これってちょっと残念じゃないですか?(^^;)(それとも、それが普通ですか?)

自分のちいさな世界だけで、喜びを味わうだけではなく
もっと大きな広い世界で
「共に喜びを分かち合う」
そんなことがあっても、良いと思いませんか?
それは、お誕生日に限らず、心を通わせるという意味において
他人が嬉しい時、喜ばしい事があった時、そして実際に
喜んでいる時
共に一緒に心から
喜ぶ

表面的なただのおつきあいではなく、
利害関係とか損得の感情もなく、
もっともっと
心の深いところから

他の喜びを自分の喜びとするのなら
それは
言うまでもなく
自分自身の喜びとなることは
間違いない
そう...
本当に幸福そうな笑顔というものは、なんて素晴らしいのかと、
そんな笑顔を見られるのなら
自分にとっても、そんな嬉しい事は無いと...
そう、思いませんか?

出来るなら
好きとか嫌いとか、苦手とか、関係ないとか
そんな感情的なことはさておいて
もっともっと大きな心で
「他の喜びを自分の喜びと捉えること」
実践の価値は、多いにあると思います。

今日のワンポイントヨガ
☆呼吸とステージ☆

ヨーガの根本的な実践法は、
離欲と修習(りよくとしゅうじゅう)と呼ばれています。
離欲とは
字のごとく、欲望から出来るだけ離れること。
修習とは
実践を繰り返し、繰り返し行う事です。
実は、この離欲は
呼吸とステージと関係しています。(ステージとは魂の成熟度合いを表すステージのこと)
私達が欲望から離れると、呼吸が深く長くなります。
逆に
欲望が強くなると、呼吸が短く浅くなります。
試してみたら良いのですが、
美味しいものを目の前にしたり、
テレビ等で、セクシーな女性や男性を目にしたら
呼吸が短く、浅くなっているのです。
また、
激しい怒り等も、低級な欲望(感情)ですが、
大変激しく短い呼吸になっていますね。
ヨーガの世界では、
一生で出来る呼吸の回数が
決まっていると考えられていて、
欲にかられてたくさんの呼吸を繰り返すなら、短命になる
と、説かれています。
逆に、
欲望をある程度、コントロールして
呼吸の回数を鎮めれば、長寿であることが説かれています。
そして、
ステージが上がれば上がるほど、
呼吸は当然、長く回数が少なくなるのです。

ヨーガを展開するヒンドゥー教の最高神ブラフマンは、
一説では、何万年に一度の呼吸と
経典に記載されています。
[PR]
by atelier-kuh | 2010-03-03 10:14
line

atelier空kuhオーナーの気ままな独り言日記


by atelier-kuh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite