atelier 空 kuh

atelierkhu.exblog.jp ブログトップ

まごころをつくす

快晴続きの連休でした☆
いかがおすごしでしたでしょうか?

遠方へ出向かれた方、または自宅や近場にて過ごされた方、
連休とは無関係でお仕事に専念されていらした方...

それぞれの五月初旬を満喫されたでしょうか?

五月の連休に入るや否や...
天候にも恵まれ、北の大地にも春到来☆となりました。

今回、私が滞在したところも、大変暖かく朗らかな陽気でした。

抜けるような青空と、爽やかな風...
若葉のにおいと、のんびりと漂う白い雲...

ビルの隙間から覗く青空も
田舎の片隅から見上げる空も、何ら変わらない自然の風景☆
で、あるにも関わらず...
私達はつい、
騒がしいもの、刺激の強い物へと、心は散漫になりがちです(^^;)

どこへ行っても、天を仰げばそこに
青い空は、広がっているというのに...☆

確かに
南の国に行けば、日本とは違う海の色、空の色、風のにおい...
大自然広がる国々のもつ、計り知れない雄大さ...
近代的に整備された、都市国家へと足を伸ばせば、そこにもまた、
見慣れた日本とは違う風景...
それぞれの美しさ、言葉で言い表せないほどの感動☆
感じるものも、それぞれの場所で様々...

各地で味わう、情緒などに
一時の安らぎを感じたり、深い感動を味わうことは、確かに楽しいものです(^^)

どこへ出向くにしろ...
その場所には人が居て、なにかしらの交流が生まれ
感じ取る「何か」が、あることに私はいつも、感謝の念が沸き上がります。

何気ない、些細な言葉の行き交わしに、その人の真心を感じる

旅先で出会う人々は、
まさに
「一期一会」
次回、またどこかでお会い出来るとは限りません...
多分...お会い出来ない方がほとんどでは??と、思います。

ですが、その一人一人に
真心をつくす、つくされる。

忙しい最中でも、とびきりの笑顔で対応する
やさしい口調で丁寧に話す
...etc.
些細な気遣いなのですが、そこに、人の優しさ、思いやりの心の温かさ、を感じます。

壇上に上がり、多くの方々に向かって
様々なエピソードを、ユーモアたっぷりに講演をされる方、
素晴らしいですね(^^)

そんなお話を、伺うことができる機会に恵まれることも、
私にとっては有り難く、また、貴重な経験です。
そして、同時に
壇上に上がること無く、決して明るいスポットライトも浴びることもないけれど、
黙々とご自身の役割をこなし、目の前の人を真心こめてもてなすことに専念される方との交流も、
私にとっては、大変貴重な経験です。

与えられた場において、その人の役割を
真心込めてこなすことは、
こんなにも、人の心に響くものなのかと、
「真心をこめること」の大切さを改めて感じたのでした☆

今日のワンポイントヨガ
☆ヨーガで考える価値ある生き方☆

人間は長生きすべきである、長生きすることは素晴らしい☆
通常の観念で言えば、確かにそれは否定出来ないかもしれません。
しかし、
ヨーガ的な見地から見ると、単に長生きが価値があるとは言い切れなくなってしまうのです。
それは、なぜでしょうか?
また、ヨーガでは、どのような生き方がベストだと考えられているのでしょうか?
もし、ヨーガで説くところの来世がある、魂は生まれ変わりを繰り返すということが、
真実であると過程するならば、
悪業を為さず、功徳を積み続ける人生は、
長生きすることは最高に価値のあることだと、言い切ることができるでしょう。
しかし、
真理を見つめることなく、悪業を積み続けるならば、
単に来世、苦しみ多き世界に生まれ変わり、そこで長きにわたり
苦しみ続けなければならないことになるのです。
このような見地からすると、
単に、長生きするということが素晴らしいとは、言い切れなくなってしまいます。
もちろん、
来世だけでなく、今、生きている段階においても、
いずれかにおいて、
様々な病、老いからくる苦しみ、痴呆、生に対する孤独、不安、無意味感に
苛まれるであろうことも否めません。
もし、皆さんが、
悪業から離れ、功徳を積む場所として
自己の魂を磨き上げる場所として
人間の世界を(今、生きている世界)を活用するならば、
若さを保ち、
病とは無縁、
生に対する充実感、至福感を経験し、
来世だけでなく、人生そのものが最高のものとなるのです。
どうか、皆さんが、
この人間の世界でたくさんの功徳を積み続け、
長生きされることを望んでやみません。
[PR]
by atelier-kuh | 2010-05-06 11:13
line

atelier空kuhオーナーの気ままな独り言日記


by atelier-kuh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite