atelier 空 kuh

atelierkhu.exblog.jp ブログトップ

食欲

最近、食欲がありません☆...と言っても、病気じゃありませんよ(^^)

「食べたい!!」
という、欲求がわかないのです。
(少量の食事は摂りますけどね...^^)
これを、いったいどう捉えるか?!
「(@@)やっぱり、それは病気じゃないの??」
なんて、心配してくれる親切な友人もおりますが...。
「食べる楽しみが無くなったら、何の為に生きてるのかわからないじゃない!!(o><)o」
と、怒られたり?!
「...何か、悩み事でもあるの???(T T)」
と、親身になって相談に乗る姿勢を示してくれる、優しい人もいて。

有り難い☆

でも、世の尺度はそれだけ、
「食べる」ということが、当たり前!食べなければ、異常事態☆
健康な人は、もりもり食べるのが当然!!
...なのであります。

昨日
インドにて、飲まず食わずで何十年も暮らしているという人が発見されたと
報道されていました。
ご覧になった方もいるかと思います(^^)
そして、何やら...
本当に何も食べずに、生きていられるのか??
ということを、実験検証されている模様で(笑)
本人からしたら、滑稽でしょうけど...
そういうの、やっぱり確かめてみたいんでしょうね☆

過去に
体を壊した経験から、健康おたく(?)と、呼ばれるほど健康と医学に関する
庶民的な知識から、ほんの少しの専門知識まで(医療機関に勤務していたことから)
時間のある時に、書物などで浅く広く目を通した時期がありました。
結果
東洋医学といわれる、いわゆる予防医学(中医学)の分野に至り
インドのアーユルベーダなども含む
人間が生まれながらに持つ
免疫力、自然治癒力の偉大さに心が惹かれていきました。
(今でも、学習中です)
それらの世界は、大変奥が深く、ちょっとやそっとの学習では完全にマスターすることなど
到底、出来ないものなのですが。
そもそも
西洋医学(こちらも良い面はたくさんあります)の限界を感じずにはおれない状況を
まじまじと感じた事から、こちらの方面に引き寄せられたというのが、
正直なところかもしれません。

食べ盛りの子供にはいっぱい食べろ!と親は言います。
自身もそのようにして、大きくなってきました。
実際、食物自体、生き物の成長にはある程度必要だ、というのは事実だと思います。
ですが
食べ過ぎ...についてはどうでしょう??
豊かな世の中で、有り余る食物、飽和状態の人々の胃袋...。
つねに、何かを口にしている、胃の中に何かが入っているって人、周りにいらっしゃいませんか?

食べる、ということは、その消化にエネルギーを消耗します。
ですから、お腹にたくさんものが入ると、体中のエネルギーは胃(腹部)へと集まって
一生懸命、消化作業に取りかかります。
そのとき、当然のことながら
他の部分(例えば脳など)へ行くべきエネルギーも、胃に集中することになります。
そうなると、食後に眠くなるというのは、理にかなっていますよね☆
体調が優れない時に食欲がおちるのも、
体の免疫力が働いて、総勢で体外から侵入した異物(体調不良の原因など)と、
懸命に戦うわけですから、食べない方が体の負担は軽くなるわけです。
(食べると、そちらにエネルギーが取られるので、戦いには不利になります。)
無理に食べようとせず、体を休ませるのが良いわけですが...

一般的に、これは通常、
健康に異常がない人の場合には、私ほどの素人でも、堂々と唱える事が出来るのですが...
今の世の中、
肉体だけではなく、精神にも病を抱えている人や
また、そのことに気がついていない人
それに加えて、潜在的、慢性的に様々な症状を抱えている人も多いので
必ずしも、これは絶対です!
これが正しい見解です!!
なんて、言い張れません(^^;)
(まして、お医者さんでもありませんしね...)

というわけで☆
肉体の異常を感じたら、まず信頼のおけるかかりつけのお医者さんに
相談されるのが、一番良いのかな〜☆
と、一般的なコメントを付け加えておきます。
もし、
私は、身も心も健康そのもの!!なんの心配もない!!さらにさらに健康に磨きをかけたい!!
な〜んて方は...
思い出した時にでも、試してみてください☆
1日3食食べなくても元気☆
2食くらいが心地いい☆
プチ断食で頭がすっきり☆
こんな感じで、意識がチェンジして来たら、しめしめ(^^)
もちろん
すぐに成果を期待せずに、じっくりと取り組んで、効果を実感してみてください。
そのうち
体が喜ぶ状態
に、気がつく時が来るでしょう☆
まずは、無理せずこつこつ...

今日のワンポイントヨガ
☆よい人間関係を築くには?!☆

家族、恋人、友人、同僚、さらには会社の上司や後輩。
言うまでもなく、私達の人生は人と人との繋がりで成り立っています。
そして、ほとんどの誰もが、この大切な人間関係で悩みを持ち合わせてきました。

どうやったら、うまくおつきあい出来るの?
会社の先輩や、後輩と、うまくいかないんです...
このようなとき、最良の実践があるのです!
それは、まず
他とうまくやっていこう、という心を捨てなければなりません!
そうではなく、
他に対する慈愛の心、すなわち
他が精神的に成長したり、他が豊かになって欲しいという心を抱く。
対象が苦しんだり、つらい境遇になっている時、一緒に悲しむ、またはそれを取り除いてあげたいと考える。
そして、
対象のどんな小さなところでも、長所をみつけたら称賛する。
あるいは、見習う。
そして、これらを実践しても、対象とすぐにうまくいかなかったとしても、
淡々と頓着せずに、前述の3つの実践をし続ける。
この4つの実践をすることによって、
いかなる場合も、皆さんの人間関係は最良のものとなっていくでしょう。
つまり、
小手先のテクニックで、人間関係を築く事は出来ず、
他に対する愛の心、哀れみの心、他を褒め称える心、だけが、
真の人間関係を築く事が出来るのです。
そして、それだけではなく、
この実践は、皆さんの精神を輝かせ
多くの人達の敬愛の的となるのです。
[PR]
by atelier-kuh | 2010-05-13 11:17
line

atelier空kuhオーナーの気ままな独り言日記


by atelier-kuh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite