atelier 空 kuh

atelierkhu.exblog.jp ブログトップ

蓮の花

美しい蓮の花☆
昔から、この蓮の花が大好きなのですが、花だけではなく
レンコンも大好き☆
この花がお好きな方は、多いですね!
有名なのは、鶴岡八幡宮の源平池が有名所でしょうか?
他にも、美しい蓮の池はあちこちにあるかと思います。

先日、
タイの美しい写真集を見せていただく機会がありました。
随所に、蓮の花が登場し、仏教国であるタイでも祭壇に祭ったりと
とても大切に扱われているようです。

この蓮
スイレン科の多年草で、インドが原産だそうです。
仏教との関わりが強く、寺院の池、水田などで栽培され
長い根茎は先端にゆくほど、肥大しひげ根を出す...
夏になると、白、紅色、などの花を咲かせる。
普通、16弁で果実、根茎は食用☆
古名、はちす。

最近は、女性用の化粧品類や石けんの材料などにも使われたりと
その用途は広がっているようです。
友人も、大の蓮の花好きで...
遠くまで見に出かけたり、わざわざ化粧品を買いに出かけたり...
私はもっぱら、近所で見かけたら喜んだり
蓮の置物を手にして喜んだりと
手の届く範囲で、楽しんでおりますが。

先日の桜の花に続き...
(ちょっと花ネタが続いて、花に興味の無い方には申し訳ないですね^^;)
この蓮の花も、随分と多くの日本人の心を魅了する、
魅力的な花と言えるようです☆

仏教と深く関係があるということで(自身は無宗教です^^)
よくよく観察してみますと
やはり、
仏像の類いはそのほとんどが
蓮の花の中央に、蓮華座を(足の組み方)組んだ状態で
瞑想しています。
実際
神々というものは
この、蓮の花の中から生まれると言われています。
なんと神秘的☆

そして
この蓮
一体、どのようなところで花を咲かせるかと言いますと...

泥沼
だそうです(^^)

汚い、汚れた泥沼で、その泥を浄化しながら
美しい花を咲かせる☆

自分の体内に汚れたものを吸収し、
綺麗な状態にして...
どんどんどんどん
水を浄化する。

汚れた沼や池などで
よくぞ、あんなに美しい花を咲かせてくれたものだ!と、
感動するほど...
その浄化力は素晴らしく
その様を
汚れた世界に身を置きながら、
清らかな心を保ち続け、周りを浄化し続けながら
汚れたものをも自らの力によって、美しい花とする...
このように、比喩的な表現によって仏教では
菩薩の心を象徴するものとして表されて来ているそうです。

なんと健気な
蓮の花☆

見れば見るほど
聞けば聞くほど
この、黙って健気に花を咲かせる
清らかで美しい
蓮の花に
いとおしさが募ります

まるで、何か
大きな願いを込めて
私達に訴え
花を咲かせているかのようです

今日のワンポイントヨガ
☆カルマと物理的考察☆

なしたことは、良きことでも、悪しきことも、
良きことでも悪しきことでもないことでも
必ず、自分に返ります。
このようなカルマというものは本当に存在するのでしょうか?
因果応報という表現も、このカルマというものを表しています。
つまり、原因(因)があって、結果(果)が存在するという具合です。
これは、物理学も全く同じように現象に対する見解を持っているのです。
因果律といって、全ての現象は、過去の何らかの原因を起因として
成立するというものです。
これは、かのアインシュタインも述べているものです。
つまり、
カルマという考え方は、神秘的なものではなく、
現代物理となんら相反する考え方ではないことが
わかります。
私達が経験する事象、
これは、良きこと、悪しきこと、また、良きことでも悪しきことでもないことも
全ては、過去になんらかの原因が生じているということです。
つまり、
原因がなければ、全ては何も生じないということです。
そして、ヨーガとは
未来において、苦しみの結果を生み出す、心、言葉、行為の働きを止滅し、
未来において、幸福を生み出す、心、言葉、行為を積み上げる実践です。
真に科学的な人、智慧ある人はこの
カルマを信じることが出来るわけです。
[PR]
by atelier-kuh | 2010-05-19 11:56
line

atelier空kuhオーナーの気ままな独り言日記


by atelier-kuh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite