atelier 空 kuh

atelierkhu.exblog.jp ブログトップ

凛として

背筋を伸ばして深呼吸をすると
自分の肺、腹部等を通して...
酸素が体中を巡っていくのを感じます。

凛として...

華美なもの
優雅なもの
は、人の目を惹きます

インパクトのあるもの
派手なもの
刺激の強いものをみて
気づかぬうちに
興奮の状態にあることを
どれほどの人が気がついているでしょうか?

決して派手ではなく
凛とした姿

質素に
けれど、
餓えた乞食のように懇願するのではなく
そして、
すがりつくのでもなく
当然の権利として。

凛として...

清潔感をもって
律儀であって
決して不義理を行わず

常に分別をもって
誇りをもって。

凛として...

※しばらく、こちらのブログはお休み致します

つたない文章におつきあいくださいまして
ありがとうございます!
また
時期が来ましたら再開の予定です☆

欲望という幻惑から目を醒し、
一人でも多くの方が、自己本来の目的を見つけ出すことが出来ますよう...

今日のワンポイントヨガ
☆愛ある人は輝く☆

あの人は、なんか暗いね。
あの人は、なんか輝いているね!
これらの言葉を私達は、発したり、聞いたりしたことがありますね。
実際に、光を目にすることが出来なくても、
私達は他人から、それらの印象を察知出来るのです。
また、肉眼でとらえられる光(可視光線)より、
肉眼で検知出来ない光の方が多いことは、現代物理において
常識の見解です。
私達は、
他人の心の光、功徳の光を潜在的に理解出来るのです。
では、ヨーガの世界では、
何がその人を暗くして
何がその人を輝かせるのか、
理論がはっきりと説かれています。
他に与えた喜びのエネルギー、つまり功徳がその人を輝かせると。
そして、心の功徳、他の幸福を願ったり、他の不幸を悲しんだりする人の光は
膨大であると、説くのです。
逆に、怒り、嫌悪、他を害する心は、
心の不徳さゆえ、どんどん光を失っていくのです。
ヨーガに熟達しましたら、
その光に対しても、普通の人よりもとても敏感に察知できるようになります。
功徳を有する人を見れば、すぐに理解することが出来ますし、
逆に不徳で光なき人もすぐに理解出来るのです。
また、
自分の心に嫌悪や怒りが生じた時に、
光を失うことも、経験として理解できます。
また、他人が嫌悪を発した時に
みるみる光が無くなっていくのもわかります。
そして、光が無くなれば、
その人は輝きを失い、容姿も衰えていくのです。
怒りや嫌悪を発する人も、それなりに理由や言い分があります。
しかし、どのような理由であっても、
怒りや嫌悪、憎しみは、その人の光や輝きを、
そして、美しさまでをも、奪い去ってしまうのです。
よって、ヨーガの世界では、
他に対する怒り、嫌悪を最も低級な心として
強く戒めているのです。
そして、その逆の、多くの人達への愛の心、哀れみの心は、
その人を神々しく輝かせるとして
奨励するのです。
そして、これは
迷信でも、思い込みでもなんでもなく、
真実なのです。

怒りや嫌悪がある時、
他に愛の心を生じさせている時、
どちらのときにも、実際に、鏡を覗いてみれば
すぐに理解できるはずです。
[PR]
by atelier-kuh | 2010-05-28 10:38
line

atelier空kuhオーナーの気ままな独り言日記


by atelier-kuh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite