atelier 空 kuh

atelierkhu.exblog.jp ブログトップ

空高く

お休みすると、言いながら...
ちょっと時間が空いたので(^^)

今日は
あちこちの小学校で、運動会が催されたようですね☆

賑やかな音楽や声援などが聞こえて来ていました。

久しぶりの快晴

運動会日和の、良いお天気に恵まれて
楽しい時間を過ごされた方も多かったのでは?

私はというと
空いた時間にふと、空を眺め...(癖です^^)

空高く舞い上がる白い鳥(なんだろう?あの鳥は??)
雲一つない、青空を見上げて
ふ〜っと一息...

なぜ
この時代に、私は生まれて来たのだろう...

ずっとずっと昔も、こんなに美しい青空が広がっていたのだろうか?
そしてこれから、未来も...

そうであって欲しい

そう祈らずにはいられないような
澄み渡る


あの空高く舞い上がって、
うんと高いところから
この地上を見下ろしたら
一体...

どんな風景が見えるのか


穏やかに
笑って過ごしているのだろうか?
それとも
...

賑やかな運動会の音楽とともに
楽しそうな家族連れ
その笑顔のまま
今日1日
幸せな時を過ごされますように...

私の心もこの青空に導かれ、
空高く舞い上がり
ふわふわと...
どこか遠くへと、
旅にでも行ったなら

一面に花が咲きみだれ
キラキラと輝く清らかな川の流れを見下ろして
全ての生き物達が
穏やかに
幸福に包まれている天国のような情景に
出会ってみたい

全てが穏やかに
至福に包まれる
その時は
永遠に
終わる事が無い

そんな世界に

今日のワンポイントヨガ
☆自分に厳しく、他に寛容に☆

インドの仏典において、
国王が、お釈迦様に「私は、自分自身が誰よりも大切である事に気がつきました!」と
話されました。
それに対して、お釈迦様は、
「良く気がついた、国王よ。まさにその通りである。人は、誰よりも自分自身が大切なのだよ。」
と、お答えになりました。
この問答でも解る通り、
人は自分自身を最も大切にしているのです。
そして、それが故に、
自分には甘く、他人には厳しく接するものなのです。
振り返ってみれば、自分自身の行為の中には、
悪い心や、行為、あるいは能力の欠如、努力の放棄、過失...
たくさんの未熟さを認める事が出来ます。
しかし、私達は、自己の誤りに対しては
誰よりも寛容であったはずです。逆に、他に対しては、
厳しく、心の中で罰して来たりしたのではないでしょうか?
さらに、
家庭や職場においても、
他に対して、過去の自分自身の不完全さを差し置いて、
厳しい目で接して来たかもしれません。
しかし、真に自分の心をみつめ、自分に厳しい人は
他人に対して、非常に寛容であるのです。
自分自身が、過去において不完全であったこと、
現在においても未だ、課題が多い事を知っている人は、
他の成長を願いつつ、大変寛容で優しく接する事が出来るのです。
常に他に100%を要求する人は、それ自体、心が未成熟であり、
いつも、他人を責めることで欲求不満の状態なのです。
愛ある人、そして智者は
他に寛容で、自分には厳しい人です。
そして、お釈迦様は、国王にこのように法をお説きになられました。
「人は誰もが自分自身を大切にしている事に気づいたであろう。それがゆえに、他に対しても自分自身と等しく大切にすることが、大事なんだよ。」
[PR]
by atelier-kuh | 2010-05-29 17:05
line

atelier空kuhオーナーの気ままな独り言日記


by atelier-kuh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite