atelier 空 kuh

atelierkhu.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

独り

独りでいる時間、何をされていますか?
一人ぽっちの時間を
寂しいと感じますか?

人は
いろいろな家族形態で生活しています!
核家族化が進み、少人数で暮らす人が
多くなっている昨今です。

小さい頃は、
周りに親、もしくは世話をしてくれる人が
誰かしら必ずいたはずです。

赤ん坊は独りでは大きくなれませんものね...

青年期になり
少しずつ周りの大人と距離を持つようになったり
つかず離れず...くらいの程よい距離感が心地よかったり

ですが、独りでこの世に生まれて来て
死ぬ時もやはり独り

この世で生きている間も
やはり
独り...なのでは?
と、感じます。
それは、
仲の良い、友人と一緒にいようと
家族で団らんしていようと
夫婦で仲睦まじくくらしていようと...

誰かしらの人と戯れていたとしても
それは、
変わらない

人はひとりぽっちなのである

そんな気がします。

もちろん
人は決して独りでは生きては行けませんから
矛盾を感じるかもしれません。
多くの人に支えられているじゃないの!
もちろんそうです(^^)

多くの人に支えられ、多くの人に感謝しながら
人は独りで孤独を抱えながら
生きていく。
心を通わせながら
温かい交流を慈しみながら
成長して、独り、自分の道を歩んで行く

どんな社会的なカテゴリーに属していたとしても
やっぱり
人は
独りぽっち

だからこそ
強く
しなやかに
生きていくのかな。

今日のワンポイントヨガ
☆表層意識と潜在意識☆

普段大人しい人が、お酒を飲むと豹変する、
お酒を飲む事で本音が出てしまう。
次の日には、
自分の言動すら、覚えていない
あるいは、なぜ、そんなことを言ったのか、
自分でも信じられない!?
皆さんも経験があったり、そんな人を見た事がありますよね?
これは、一体どういう事でしょう?
お酒を飲むと、表層意識が落ちますので、
潜在意識があらわになってくるのです。
普段、大人しいのもまじめな人も
理性で抑えているだけで、
潜在意識がより、その人の本質なのです。
ヨーガでは、
実は、表層意識ではなく、この潜在意識にアプローチすることが、
とても重要なキーワードなのです。
表層意識は、建前のようなものですので、
他人にも、自分にも綺麗に飾る(ふるまう)ことは出来ます。
例えば、
普段、大人しい人が、
仕事を押し付けられ、笑って請け負っても、
潜在意識では、怒りの炎を燃やしていたとします。
その人は、怒る事をいけない事と表層意識の理性で制止していますので、
自分でも怒りの炎が燃えたぎっているのがわからないのです。
そして、お酒を飲んで表層意識が落ちたときに、
その、潜在意識の怒りが顕現し、暴れまくったりする現象が
起きるのです。
そして、お酒が冷めて、表層意識が戻ったときには
覚えていない...そんなことが、起きるのです。
潜在意識はこのように、普段はあらわになることがないので、
その、本人すら知り得ないのです。
ゆえに、
潜在意識を磨くことは、その本人の本質を磨くことなのです。
これは、なかなか大変な作業です。
ヨーガでは、瞑想や心を磨く実践の蓄積によって
この、潜在意識をピカピカにすることが
可能なのです。
ヨーガを実践しない人は、死ぬまで、自分の潜在意識が
どのようなものか知る機会すらなく、
本当の自分を知る事はありません。
[PR]
by atelier-kuh | 2010-03-21 11:17

熟す

時が熟す
熟練の技
熟成、円熟、
...
[熟す]うれること、よくなれること、また、十分にすること(広辞苑より)

熟のつく、単語はいろいろあります。
1970年代後期につくられた造語として
「熟年」という語もあります。
これは、
人生の経験を積み、円熟した年頃...中高年に相当
と、記述がありました。
中高年?
って、具体的に言うと
何歳くらいなんでしょうね?

円熟した年頃って...
(ちなみに、円熟とは、人格.技能なのどが十分に熟達して、ゆたかな内容を持つに至ること)
ゆたかな内容...

う〜ん
豊かな円熟期を迎えたい
今は、そう祈るのみ、なのですが...(^^;)

円熟のイメージ、どのようなものですか?

現世的な価値観でいう、
お金、地位や名誉...
そういったものに豊かさを見いだすことには、正直、虚しさを覚えます。
豊かさとは、そういった、物質的なものでしょうか?

たくさんのお金を持って、自由に旅を楽しみ、
友人、知人と美味しいものを食べ、世界中あちこちに家屋等を所有する...
有名になって地位や名誉を得て、ちやほやされる人生...

端から見て、それは楽しく豊かな人生を送っている、素晴らしい人に見えるでしょう。
他からの羨望を浴び、一見すると理想的で幸せな人生にみえるかもしれませんね。

では、その人がもしも、全てを失ったとしたら...
その人は幸せでしょうか?
不幸せでしょうか?

本当に豊かな人というのは
何も無くても、何も持ち合わせていなくても、
心底、幸せでいられる。
そんな人を指すのではないかなと...

心の底から、湧きい出て、決して涸れることの無い
他への思いやりや、慈悲の心

それは、豊かさを、物質的に恵まれること、エゴを満足させる事と思い込んでいる時には、
到底わかり得ないことなのかもしれません。
でも、本来全ての人々が、心の奥底に持ち合わせているはずである
崇高な心

四無量心

一日一日を積み重ね、人生の終焉を迎える時まで
時を重ね、経験を重ね、
人格が熟するとき
豊潤な心の持ち主となっていることを祈って...

今日のワンポイントヨガ
☆肯定的な人生と不安や緊張☆

心理学が発展し、
私達は、普段意識している自分の心(表層意識)以外に、
潜在意識と呼ばれる、より一層深い意識があることが
知られるようになりました。
この潜在意識とよばれるものは、大変厄介なもので、
取り扱いを間違えると、人生に
大変な苦しみを与えかねないのです。
それは、なぜでしょうか?
実は、
私達の普段の行動に指令を与えているのは、
表層意識ではなく、この潜在意識なのです。
関係としては、
表層が1、潜在が1000の割合があると言われています。
ここからが本題ですが、
もし、私達が、いつも他の不幸を願ったり、他の失敗を望んだりしますと、
自分の潜在意識に、不幸や失敗といったメッセージが
深く刻まれるのです。
潜在意識は、自分と他人を選別する力が無く、
思考したメッセージだけが深い意識に根付いてしまうのです。
そうなりますと、
私達が何かを達成しようとした場合、
潜在意識が、不幸になるぞと指令を出しますから、
結果的に、他の不幸を願ったり、失敗を望んだりした人は
自分が不幸になる結果として返って来てしまうのです。
もし、
自分がいつも、何か事に臨んだ場合、
失敗するんじゃないかな?
きっと、ダメだろう...
など、不安や緊張の心に支配されるなら、
過去において、他に不幸や失敗を望んだ結果といえるのです。
さあ、みなさん!
今から、他の幸福、成功を願う事は
自分の幸福と成功を願う事にほかなりません。
他の幸福を願う事は、自分の幸福を願う事であると理解した
智慧ある魂が行う実践なのです。
[PR]
by atelier-kuh | 2010-03-20 13:03

懺悔

懺悔の心

誰の心にもありますよね?きっと...
あ〜なんか罪悪感...みたいな心情。
誰かに対して
あ〜悪いことしちゃったかな...ごめんね!って
心の中で思うこと。

それとも、あまりないですか?
悪いことしたけど、ま!いいや!(?!)
他人に嫉妬?だって、人間だからしょうがないでしょ!(@@?!)
...
こっちの方が多いのかな...???
このご時世...

自分の胸に手を当てて考える

そういうことって、今はあまりしないのでしょうか?
自分の行いを反省するとか、心を顧みるとか...

先日、スーパーで
小さいお子さんが、お母さんに叱られて泣いていました。
「考えたらわかるでしょ!!なんで、そんなことするの!」
「どうしてそんなこと言ってるのか、よく考えてみなさい!!」
小学生くらいの男の子
何を言って怒られたのかな?
子供はよく、考える前に言葉を発してしまっているかのようなことってありますね。
でも、言葉に出すってことは、やっぱり
考え→思考(心で思ったこと)が言葉になって出ているんです。
その、心がどうであるのか?どうであったのか?
見つめることは大事なことだなと、思います。

人は他人に対して
邪心を生起させてしまうことが多々あります。
邪心とは、嫌悪、嫉妬...などの邪悪な心
意地悪であったり、妬みであったり、憎しみであったり...
こんな心を自分の中に見つけたら
きっと、誰でもちょっと落ち込みますよね?
嬉しくなってハイテンションになる人は...(^^;)いないと思います。
そんなときは
即、懺悔!!
これに限ります。
申し訳ありません!こんな邪悪な心を抱いてしまった自分をお許しください!!
...↑こんなんでも立派な懺悔です!!
瞬間的にこれをすることで、
カルマは軽減される(カルマとは[業]→為したことは必ず返ってくるという因果論)
と、言われてます。
それを、繰り返すうちに、邪心は日常から減っていき、徐々に薄れていきます。

欲望に関しても同じです。
強欲であるということは、貪りの心を表します。
今の時代、欲望を満足させ多大なお金を得ることが、人生における成功☆
もしくは、成功者として崇められているような気がしますが、
そうでしょうか?
もし、お金という価値観が覆されたとしたら
お金持ちは、社会的にどのような立場に立たされるのでしょう?
仮に、人間性だけが映る、心の鏡の前に立たされたら、どのように映るのでしょうか?

お金があったら、本当に幸福でしょうか?

もちろん、今の世の中、お金がなければ生活することもままなりません。
ある程度の、金銭、物質が必要なのは否めませんね。
ですが、必要以上にお金を得ること、人のものまで、他人が得る分まで、
自分のものにすることは、幸せなことなのでしょうか?
貪るとは、そういうことです(TT)
...

ちょっと話が逸れてしまいました。

人は誰でも、心の中で崇高なものを求めていると
思います。
本当は、一人一人が持っている
純粋で、綺麗な心

大切にしたいのは
その、人が胸に秘めている本来の姿

一点の曇りなき、美しい心

邪心は心の鏡を、曇らせます。
懺悔の心は、その曇りを瞬時に取り除く、クロス(布)のようなもの。

いつもピカピカに磨いて
光り輝く青空のように...
どこまでも自由に羽ばたけるように

本来の美しい自分でいるために...

今日のワンポイントヨガ
☆苦しみの原因は無智からくる☆

私達の人生において、苦しみを経験したことのない人は皆無でしょう。
では、
私達はなぜ、苦しみを経験しなければならないのでしょうか?
ヨーガ経典では、それを無智(無明 むみょう)から生じると説かれています。

無智とはなにか?
無明とはなにか?
それは、私達がカルマというものを、本当の意味で理解してないが故に
苦しみの原因をつくってしまうからなのです。
例えば、
麻薬中毒者は打った時の快楽だけを見つめるが故、
打った後から来る苦しみ、肉体が痛むことを考えない
それ故に、苦しむわけです。
病気も同じです。
タバコや、飲酒、そして大食などは体には悪いものだと
わかっていてもやめられない。
体がいうことをきかない。
私達がまず、行為する前に、
この行為はどのような結果をもたらすか、しっかりと認識し、
そして、苦しみをもたらす可能性を認めた場合、
その行為を離れる。
つまり、心をしっかりと統御することができるならば、
私達は、苦しみを経験することは無いのです。

無智は、
あらゆる苦しみを生み出す
原因であることを
忘れないでいただきたいものです。
[PR]
by atelier-kuh | 2010-03-19 10:10

サイン

こっちだよ〜(^^)/
と、手を挙げる、目配せする...
言葉以外の、何かによって
相手にサインを送ること、送られること、
ありますよね?

言葉だけで表現しきれるものには
限界がある
...
なんとなく、いつもそのように感じては
もっと、合理的で有効な
コミュニケーションのツールは存在しないのか?
テレパシーとか...☆

相手にうまく伝えることって、
簡単なことですか?それとも結構難しいこと、と思っていますか?
そんなの簡単!お手の物☆
って言える人、正直すごいな〜(@@ )って、感心しちゃいます☆

周りには、いつも人がいて(四六時中という意味ではなくて)
コミュニケーションをとる相手は存在するというのに
自分の気持ち、相手の気持ち、
どんなに言葉を連ねても
100パーセント完全にお互い理解しきれている
という、確信に至ったことって...
ありますか?

自分自身との対話においても、一般的な立場から見て
同じようなことが言えるかと思います。

これって本当に合っている?
私の進むべき道はこっち?

様々な選択肢において、迷うこと、悩むこと、
大小に関わらずありますよね。

そんなとき、何かのサインを感じる!
直感が働く!
なんとなく、こっちのほうが合っている気がする...
等...

ただでさえ
情報が氾濫し、選択肢も多岐にわたるこの世の中。
一つの分野においても
何十通りもの選択肢が存在し、
私達は時に、混乱を余儀なくされます。

まして
本質を探るのは
至難の業です。

[サイン]

話を戻しますが、(芸能人のサインをもらうとか、そっちのサインではないですよ♪)

虫の知らせ
なんて、言葉もありますね!これも一つのサイン。

体調が思わしくない時などにも、
これは何かの病気のサイン?なんて思ったり。

やっぱり、人間は自然の一部なので、野性的な勘が働いても全然、
不思議ではありませんが、
こういったサインに気がつかなくなって来ている人が増えている感も
否めません...

「気のせい気のせい...だって、こっちの方が楽しいもん!」
「なんとなく、気になるけど、でも面倒だからいいや...」
「気にはなるけど...今まで、こっちでやって来たのに、今更変えるなんてね...」

このサイン、最初のうちは気になるけど
だんだん、麻痺してくると
全然、気にも留めなくなってしまう...
そして、気がついた時には
手遅れ...!?

そうならないように、ちょっとしたサインに、ふと、心を留めて
「?これは、どういうことかな?」
「?前にも、同じようなことがあった、何か意味があるのかな?」
など、
現象を分析して解析する。
この訓練、やってみると、意外と面白い発見が待っていたりして!

自分の心に灯る、サイン
危険信号?
それとも、発進OK?
右?左?
...

誰かが導く、進むべき方向が、もしあるとするならば...
もう一度
自分の行きたい方向と、行くべき方向が
合っているのかどうか...

心のサインを見つめてみるのもいいかもしれません。

今日のワンポイントヨガ
☆楽は何も生み出さない☆

楽なほうがいい、楽しければ良いじゃないかという人生観を持つ人は
多いです。
しかし、
人生おいて、成功する人は、
スポーツの世界であれ、事業の世界であれ
どんなジャンルの世界であれ、
大変な努力をしています。
例えば、
野球にスポットを当ててみましょう!

遊びで草野球をするならば、努力するは必要ありません。
ただただ、笑いながら遊びの感覚で楽しくプレーすればいいだけです。
しかし、
これが、高校野球、大学野球、プロ野球、大リーガーと
グレードが上がれば上がるほど、
要求されるものは高く、努力なしには成立しなくなります。
事業も同じで、
個人の商店主と、大企業の経営では
努力のグレード、要求される企業努力は格段に違ってきます。

楽しければ良いという価値観の心の背景には、
そもそも、大きな達成にそれを置いていません。
すでに、努力ではなく、
楽を求めているのが、その背景にあるのです。

そして、真実
楽から得るものは何もなく、
楽はその人の成長さえないがゆえ、
実際は、苦しみの始まりであることが
理解できるのです。
つまり、
楽からは何も生み出されるものは、ないのです。
[PR]
by atelier-kuh | 2010-03-18 11:38

心を込める

ホワイトデーに、ちなんで...
手作りのお菓子をいただきました(^^)♪

バレンタインに何も差し上げていないのに...(^^;)
すみません!ありがとうございます!!

...ということで、大変美味しくいただきました。
普段は、あまり食べないのですが、頂き物は
心から感謝して、有り難くいただくようにしています。

レアチーズケーキとカップケーキ♪

男性が手作り!?したとは、感動です☆
そして、とても美味しかったです!

すごいですね〜
手づくりスイーツ☆

スイーツはさておき、毎日の食事の支度は私のお仕事。

あれこれ、献立を考えるのも
毎日だと、だいぶ、手抜きになります(笑)
ですが、美味しいと喜んで食べてくれる笑顔を見ると
手抜きとは言え、
心を込めて作ろうという気持ちになります。

普段、大勢での食事の機会はありませんが、
そんなときも、
一人一人の笑顔が一番の
ご馳走です♪
何を食べているか、というよりは...そっちのほうが嬉しいかもしれません。

みんな、幸せそう...(^^)♪

食事に関わらず、
モノを作ることに携わるとき、
丁寧に作るということはもちろんのこと、
心を込めて、愛をこめて☆ってちょっと照れくさい気もしますが...

作った人の愛がこもっていたら、
それは、相手に伝わるものです☆

手にした瞬間、とても嬉しい気持ちになります(^^)

有り難い

そんな気持ちで手にする、ささやかなもの
温かい心のやりとりのようで
とても、嬉しく和みます。

卒業、入学、のシーズンです☆

贈り物のやり取りの多い、時世ですね(^^)/
手作りでも、そうじゃなくても
そのものを見つめたとき、
そっと、心を込める...
相手の幸せを祈る...

些細な行為ですが、普段から心がけたいものですね☆

今日のワンポイントヨガ
☆真に価値ある生き方☆

人生において、誰もが幸福を願っています。
しかし、ある人は意思通りに幸福を享受し、
またある人は意志に反して、不幸を味わう。
そして、私達は短いタイムスケジュールでも同じように、
喜びや、苦しみを一年単位で、
あるいは、一時間の生活の中で、職場の中で
連続して味わい続けるのが人生です。
このような視点に立った場合、その喜びや苦しみを
経験している根底にあるものは何か?
もし、この問いに対して
意識を集中する、または自分の経験だけではなく、
他人を観察していくことによって、
カルマというものがあるんだという
認識をせざるを得ないという見解に、
智慧ある魂は到達するわけです。

しかし、
無智の心が背景にあるなら、
喜びも苦しみも単なる偶然の連続の産物、と捉え
無益な人生、
あるいは、全く真実が見えない盲目の状態のごとく、
流れるままに人生を終え、人生において、輪廻において
失敗者となってしまいます。
目覚めた生き方
それは、物事をカルマによって見つめ続ける生き方であり、
ただひとつの真に価値ある生き方と、言えるのではないでしょうか?
[PR]
by atelier-kuh | 2010-03-17 13:02

生きる力

観葉植物が昔から大好きで...
特に新芽が伸びる姿は、微笑ましく
見ているだけで、心が和みます(^^)

頑張ってる!

なんだか、そんな健気さが伝わって来て
可愛いんです☆

そんな可愛い植物達ですが、
私のお世話は、以外と適当...(^^;)あらあら...

でも、時々、手をかけてあげるだけで
とっても健やかに
すくすくと育ってくれるんです。(やっぱりかわいい☆)

先日、水耕栽培でむくむくと大きくなった植物の葉の
先の方を、少し選定したのですが、
切った先からもう早、新しい芽をだして...

植物の生命力にはいつもいつも、
感心させられます。

たくましさとしなやかさ

力強さと柔らかさ

この両方を兼ね備えた、その命の底力に、驚嘆します。

小さい頃から、「観察」が大好きだった私は、
変化が訪れることを、感覚で敏感にキャッチするのが得意(野生的、勘ってやつでしょうか^^;)

なんとな〜く
水が欲しそうだな...
とか、
なんとな〜く
花が咲きそうかな?
とか、そんな適当な勘で水を与えたり、時々肥料のようなものを与えたり...

そのタイミングとバランスがうまく噛み合わさって、
元気に育ってくれているのかもしれません。

心が弱っているときなども、
人は植物によって、心癒される時があります。

一般的な例は
入院されている方への、贈り物として
花束を贈ることは、よくありますね。

美しい花の色、その心地よい香り、生き生きとした葉の様子...

見る人の心を和ませる、素敵なアイテムになります。

光り輝く生命力は、光を放ち、周りにも影響を与えます。

疲れた時に、森の中へ森林浴...
これも、植物の力を借りているのかもしれません。

生き物は、全て
プラーナと呼ばれる、エネルギーによってその生命を維持していると
言われます。
プラーナを通りやすく、ナーディーの(プラーナの通り道、中国では経絡)詰まりを取り除くのが
ヨーガにおける、アーサナの効果です。
(肉体の凝りは、ナーディーの詰まりが原因)
また、ヨーガはアーサナを行うだけがヨーガにあらず!で、
様々な心の働きによって、得られる恩恵は、多大です。

都心の雑踏において、
影響を受ける、人々の心と肉体。
計り知れない、ストレスを抱え、多くの人は苦しみ喘いでいます。

ストレス解消の為に、編み出された方法は数多く、
そのジャンルも様々です。
気分転換を強制的に行わなければ、その肉体と心は悲鳴をあげてしまうのでしょう...
どれも、これも当然、お金がかかるものが殆どですね。
金銭的に余裕のある方で、そういうものを求めている方は様々なものにTRYし、
いくつもの解消法をお試しになった経験のある方も、きっと
大勢いるかと思います。

さて
見つかりましたか?
本当に、自分の生命力をも向上させてくれるほどの
素晴らしい、ストレス解消法☆

もし、
見つかっていなかったとしたら...

是非、ホンモノのヨーガに触れてみてください。
(綺麗なお姉さんのいる美容と健康のヨガスタジオではないですよ 笑)
ホンモノを教えてくれる先生を探してみましょう☆
諸欲から離れ、ヨーガとは何か...
ヨーガの神髄へ導いてくれる先生を☆
(決してインドに行って修行したという点で判断はできませんよ 笑)
ホンモノのヨーギーを(または、ヨーギニーを)心の中で求めてください☆
(男性のヨーガ行者をヨーギー、女性をヨーギニーと呼びます)
そうすれば、きっと
あなたの目の前に、現れてくれるはずです☆

さ!
素晴らしいヨーガとの出会いがあるように、毎日
功徳を積んで、良いことをたくさんして
多いにその恵みに期待しましょう☆

今日のワンポイントヨガ
☆和合させる言葉☆

あの人、あなたのことを●●って言ってたわよ。
ついつい、人が言った悪口を伝えてしまったこと
ありませんか?
人と人とを仲たがいさせるなら、
あなたはどんどん孤独になっていきます。
そして、人と人の仲を壊したことによって、
潜在的に憎しみを買うことになるのです。
他の悪口を決して伝えてはなりません。
人と人とを心から結びつける言葉を話すなら、
多くの人達に尊敬され、良い人間関係に
恵まれるのです。
[PR]
by atelier-kuh | 2010-03-16 10:35

熱き心

リーダーになる人は
思い込みが激しいタイプ?!

(@@)!!
リーダーになるかならないかは、別として...
色々な意味において、
思い込みって!確かに大事☆
もちろん、ここで言う思い込みは、卑屈さやネガティブな思考とは別次元!

おれが!私が!やらずに誰がやる!
ってくらいの、意気込みは、ある意味...激しい思い込みの為せる技?!
かもしれませんよね(^^)

でも、それってとっても重要で、
そういう熱い思いを、抱く人がいなければ
先へ進めないことってあったりしませんか?

先頭切って、走っていって
みんなを思いっきり引っ張っていく☆
旗を振って、めえいっぱい進むべき方向を指し示す☆
そんなタイプは、
やっぱり、どこかヒーローめいた(もしくはヒロインめいた)
私しかいない!!!という、強い思い込みが
行動の原動力になっているように
思います。

そんな熱い心をもって...
熱い志をもって...
突っ走っている人を見かけたら(^^)

なんだか、やっぱり
応援したくなる...

冷ややかに、ちょっと冷めた目で見たとしたならば、
ただのうるさい人にしか、見えないのかもしれませんが(笑)

その熱き心にもし、
心うたれたとしたら...

何はなくとも、その志のお手伝い♪
いや、お手伝いが出来ないまでも、
そっと、心の中で応援☆
いやいや〜
私は、そういう人を捜していました!求めていました!
是非、一緒に旗を振ります!!

人によって様々でしょうが、
そんな風に、周りをも熱くさせてしまう
[情熱と思い込み]
人のエネルギーってすごい☆

そんな一人一人のパワーによって
大きなものをも覆す
偉大な力がうまれるのかもしれません☆

※もちろん、その人が何に対して情熱を持っているか
見極めるのは重要ですが....(^^;)

なにか、物事を良くしよう!
人の為になるよう努力しよう!!

そういう志であったら素晴らしいですよね☆
(表面的な体裁だけ、綺麗に取り繕っている事象も多いので要注意なこともあります...)

純粋な心
綺麗な心
透明に磨かれた心の鏡

それらの判断においても、
やはり、大変重要になってくるのは間違いないです...

う...ん
やっぱり、心磨きは大切ですね(^^)/

傷ついても、躓いても
人の為に努力できるひとは、やっぱり強くて
美しい...

その心は、
遥か遠くまで照らし、輝く光を、放っています。

今日のワンポイントヨガ
☆よいものは他へ☆

スーパーでコロッケを買うとします。
ほとんど多くの人は、形の崩れていない大きなコロッケを
選ぶでしょう。
それによって、他人より自分が利益を得たいという
エゴと、貪りは増大します。
目先の利益を得ることは出来ても、
心の豊かさを得ることは出来ません。

心の豊かさがともなわない幸福など、何の価値もありません。
少しばかり大きいコロッケを得ることが出来たからといって
何の価値があるでしょうか?
もし、みなさんが、
良いものは他が食べて欲しいと考え、
小さいコロッケ、崩れたコロッケを選ぶならば、
皆さんの心を豊かにし、
天に功徳という貯金をしていることになるのです。
前者は結果的に
心も、物質的にも貧しくなり、
後者は、
一見、損をするように見えて、
心も、物質的にもどんどん豊かになっていくのです。
結果的に、自分が他人より得をしたいと考えた時点で
幸福は遠のいて行くのです。
真に幸福を得たいと願うならば、
他の幸福を願い、優先してあげるならば、
結果的に誰よりも幸福になっていくのです。
これは、宇宙の真理なのです。
[PR]
by atelier-kuh | 2010-03-15 12:13

経験が幻と感じられる時

良い経験にしろ、悪い経験にしろ
あ〜
あれは
幻だったんだ...
そう、感じるとき

そんな時、その経験をどのように受け止めたら良いのでしょうか?

20代前半の頃
社会人になりたてで
夢や、
希望に満ちあふれ☆
初めてもらうお給料を手に
両親への贈り物、お世話になった人へのプレゼント
自分へのご褒美...
様々な、思いを描きながら
仕事への意欲溢れる、新鮮な日々を送っていたあの頃...
楽しい社会人生活は、華々しく幕を開け
夢への階段はまっすぐに、上へと繋がっているものと信じていました。

上司によるDV

今では、DVという言葉が一般的になり
そういう事実が存在し、苦しんでいる多くの人がいることが
社会的に取りざたされるようになりましたが
当時
それは、美しいオフィスビルの一室で
毎日、毎日、繰り返され...
例えようの無い、絶望感の漂う空気の中
感覚が完全に麻痺し、
重い足取りで、日々の業務をこなし、心の中で悲痛な叫びをあげていたのを
思い出します。

世間と隔離された世界

まさに
それは、不思議なくらい世間の人の目には、触れる機会が無く
恐怖という、恐ろしい呪縛によって
誰一人
社外の信頼できる人間に
口外することも出来ず、
時計の針がゆっくりゆっくり、進む空間の中で
ひたすら苦痛に耐えなければならない時間が流れていました。

なぜ?

あれから数十年経った今、
考えてみれば、
本当にどうしようもなかったのか?
そんな問いが、わき上がり(今でも)
自問自答を繰り返す時があります。

でも
どうしようもなかった...

ほどなく、その経験はTime Upとなり、その環境から解き放たれた時は
すでに
3年以上経過。

体中が痣だらけとなり、左耳の鼓膜も3度ほど破ってしまいました。
自律神経失調症...
メニエール症候群...
いくつかの病名をつけていただいた、私の体(^^;)
しかし
親にいただいた、健康な体は
過酷な環境で耐えに耐え、
最小限の損失で抑え、自身を守ってくれました。

衰弱し切った肉体は、ぼろぼろで
心もぼろぼろ...

それでも
時間という、薬によって
傷は徐々に薄れ

まるで
あの頃のことが
うそのよう

まるで


経験は、お金では買えない貴重なものを
自分に与えてくれます。

自分が得たものは
自分にしかわかりません。
自分が学んだものは
自分にしか完全には理解できないのです。

同じような経験をした人が
気持ちをわかってくれたとしても
全部を理解するのは不可能です。

自身の経験は
自身のものでしかないのです。

それは
良いものであれ、
悪いものであれ、
受け止め方によって
貴重な財産であり、宝物です。

何不自由無く恵まれた人

今では
そのように私のことを見てくれる人もいます。
決して、大きな家に住んでいたり、
高級な車に乗っていたり、
毎日、外食三昧しているような、
いわゆる、セレブのような生活をしている訳ではありません。
はっきり言って、その逆です(笑)

恵まれているとしたら...
必要な時に必要なだけ、
必要なものが、手元にあり、
そして何より
素晴らしい友人がそばにいてくれる。
素晴らしい人との縁に恵まれている。

私の過去の苦しみは、
当時の私にとっては、地獄のような苦しみでした。
もちろん
その後も、苦しみや悲しい出来事は続きました。
泣いても泣ききれないくらい
涙が涸れて、もう出ないくらい泣き尽くした日もありました。
虚しさに、胸がつぶれそうになるような、出来事にも出くわしました。
当時、大切だと思っていたものを、あっけなく無くしたことも...

この世が嫌になる
生きていることですら、息をすることですら
つらいと感じる
そんな日も過ごしました。

でも
それも、今となっては幻ですと、

それは
逃れられない、苦しみの世界を味わっている人から見たら
苦しみとは言えないくらいの
ほんの些細な出来事ですと、

そう、言われたら...

本当に、その通りなのです。

全ては
幻です。

ボロボロだった肉体は癒え、今では健康そのものです。
ずたずたに傷ついた心は、修復され、他を温かく見ることが出来ます。

苦しい、苦しい...
なんてつらいのか...

そう思って、歯を食いしばっていたあの頃は、今では遠い過去

全て
幻と、消えていき
今の私の生きる情熱の炎となって、赤々と周りを照らし、
人は立ち直れる...
経験は、何にも代え難い、自身の財産となりますよ!!
と、ちょっとだけ力を込めて
胸を張って言える。

[今]が、存在するとするのなら...
そういえる自分が今、ここにいる。

今日のワンポイントヨガ
☆現実とは何か?☆

誰かに怒鳴られた時、人は苦しみを感じます。
しかし、ある劇の中で、誰かに怒鳴られる役を演じたとします。
怒鳴る役者はベテランで、大変真実みを込めて怒鳴ったとします。
しかし、あなたは苦しまない。
(言い方を変えますと、なされた言動に心が動かない、いや、わらってさえいられる)
なぜなら、それは、劇の中のこと。
真実ではないと知っているからです。
では、
現実と呼ばれるシチュエーションでは、そうはいきません。
あなたの心は激しく動き、何日も苦しむ。
しかし、現実と呼ばれるものと、劇中のものとは、一体
何が違うのでしょうか?
怒鳴られるという行為は一緒です。
でも、
どちらかは、真実でどちらかは劇の中と、考えています。
同じ行為をされても、どちらかでは苦しみ、どちらかでは苦しまない。

でも、どちらも劇の中のことなのです。
なにをもって、現実とするのでしょうか?
苦しみをつくりだしているのは、自分自身の心なのです。
それを真実と考えるから
苦しみが生じるのです。
現実とは何なのか?誰も答えることはできません。
[PR]
by atelier-kuh | 2010-03-14 18:48

集中力!

よく学校で、先生が生徒に
「集中しなさい!」
って、言いますね。
(今も言うのかな???)

何か物事を行うとき、意識の集中が必要な場面、
出てくると思うんですが...

人ってどれくらい、集中していられるのでしょう?

一説では、限界30分
なんて、聞いたこともありますが
24時間のうちの
30分って
...

残りは一体、何に意識を向けているのでしょう??

今日の晩ご飯のレシピ?
仕事のスケジュール?
さっき見た、雑誌の内容?
面白そうなTV番組のこと?
好きなタレントのうわさ話??
...etc.

人の意識は、絶え間なく流れて
常に
何かを考えています。
それが、一体何に、意識を置いているのか?って
考えたことありますか?

ぼ〜〜っとしている時は、よく潜在意識に入っているとき☆なんて
...聞いたことありますでしょうか?

潜在意識の領域は、夢の意識とも繋がっていると言われて
今、スポーツの世界や様々な分野においても
イメージトレーニングと称される訓練として、その領域の活用が注目されているようです。

深い意識と繋がって、人の能力を膨大に引き出すと言われる、
その、潜在意識の領域...

トレーニング次第で
すごい能力を引き出せちゃうような、
不思議な領域が存在することを
信じるか信じないかは、別として(^^;)

明日の晩ご飯は...
とか、
あの人がどうした...この人がどうだった...
なんて、(これも、大事な思考の一つ!と、言われたらそうなの?!かもしれませんが)
流れるがまま、2時間、いや3時間...もっと??...が、過ぎてしまっているとしたら!?

なんだか
もったいない気がしませんか?(私はもったいない気がしちゃって^^;)

ちょっと
タイトルから離れてしまいましたが(^^;)


集中力!

これは、鍛えてその時間も延ばすことが出来るらしいです☆

特に自身が、経験していることでは
瞑想
集中力を養うには、絶好の実践です(←ヨガ好きですから 笑)

それでも
日によっては、と〜〜〜っても眠くなってしまったり...(><)
全然、集中できなかったり...
バイオリズムによって時間の長短はあるのですが
それでも、
すこしずつ、その時間を延ばすことは出来ているようです☆

どうしても、やらなければならない仕事がある!
今日中にやり遂げなくてはいけないのに、やる気が起きない...
...「集中、集中!」なんて、自分に声を掛けながら鼓舞する...

日常でそんな時、ありますよね。

瞑想に入るには、まず
第一に、日頃の生活において、功徳を積む実践が非常に大切になります☆

なぜかと言いますと...

功徳の無い人が、いきなり瞑想をしようと思っても、
まず
落ち着いて座ることすら、ままならない状況になってしまいかねない(TT)
また、瞑想体勢に入ったとしても、
見えてくるビジョンが、あまりよろしくないものになりかねない(TT)

何を、するにも
まず、他に良きことを行うという[功徳の実践]は、基本の基本☆
ベースとなることが多いのです。

今朝、
何かの記事で、興味深い内容を目にしました。

最近の日本人は人助けが苦手らしい...と?!
その理由についても、様々な見解が記載されていましたが、
要するに、
人助けが苦手なのは、環境のせい...?
?????
ボランティア活動をしたい人は多いが(38カ国中でも上位)
参加しやすい仕組みが無い...?
?????
自分がやらなくても誰かがやる、という心理状態に陥りがちだとか...
特に人がいっぱいいる、都市部において見られる傾向...

これについて
どのように、感じられますか?

ボランティアって何か、特別な団体に入って、特別な機会がなければ
出来ないことなのでしょうか?

*てくてく歩いていたら、道ばたにゴミが落ちていた→拾った→ゴミ箱に捨てた
*スーパーに入ったら、ベビーカーを押しながら、たくさんの荷物を抱えて、ドアの開閉に困っているお母さんがいた→ドアを押さえて通りやすくしてあげた
*つるつる路面で、転びそうになりながら、ゆっくり歩くお年寄りを見かけた→声をかけて優しく
手を引いてあげた

思いやり溢れる優しい心遣いは、人の心にも伝わり
喜びの笑顔につながるはずです☆

人がいっぱいいる、都市部こそ、良いことができる絶好の場所だと思うのですが...

他人への関心が低下したとの指摘もある
と、記事には書かれていました。
では、一体何に関心があるのでしょう?

環境が整わなくては、良いことが出来ない。
それは...(TT)寂しっ
何か準備がされていなくては、行動に移せない?
本当にそうでしょうか(TT)

小さな善行でも、人の喜ぶ顔が見られたら
誰でも嬉しいはず☆

幸せそうな笑顔は、自分をも幸せにする(^^)

そう思いませんか?

功徳を積んで自分も幸せになる、
自利利他の実践☆は、集中力を延ばすことにも繋がるんですよ♪
(ちょっと、話が飛びましたね 笑)

今日のワンポイントヨガ
☆レッテル☆

私達は物事を
好き、嫌い、あるいは良い、悪いと単純に判断しやすいですね。
でも、これはヨーガの見地からみると
正しい判断ではありません。
一般的に、悪いと思われがちな職業についている人でも
一般の評価で判断すれば、
全てが、ダメ、悪い、嫌い
しかし、その個人においての長所を列挙したらたくさんあることでしょう。
また
もちろん、悪い点をも持ち合わせていることでしょう。

家族や友人であっても
親だから好き、仲の良い友人だから良いではなく、
この部分は正しい、この部分は間違っていると
好き、嫌いで判断しない訓練をすることによって
あらゆるものが正確に、ありのままに見えてくるのです。
イメージや一般的な評価という色眼鏡で
物事を単純に判断しないことが、大切なのです。
[PR]
by atelier-kuh | 2010-03-13 12:19

結ぶ

最近、新しい出会いが続いたり
昔からの知人との関係が深くなったり
人間関係においての
深みが増して来ているな(^^)と、
とても有り難く思っています。

人との出会いは、自分を多いに成長させてくれると
以前にも、書いたことがありますが、
今まで、自分の中に無かった新しい引き出しが
どんどんどんどん
増えていく...

そんな感じです。

中には
出会っても、さらっと消えてしまう...
淡雪のような出会いもあります。
ですが、それにも
重要な意味があったり、
次への扉へと導いてくれる
案内人としての役割を持っていたり...

そう、
次のステップへと、結ぶ役割を担って
私の前に登場してくれた方々も
ここ、数年続いていました。

つかず、離れず
細くとも柔軟な糸で
繋がってくれている...
そんな方もいらっしゃいます。

人と人とを結ぶ糸
人と出来事を結ぶ糸

それは、どこから繋がって、一体どこへ続くのか...

私はヨーガ愛好家です。
ヨーガという言葉には、結ぶという意味があるそうです。

何と、結ぶのか?

それは
自己(自分)と。

自分の[真我]と結ぶもの

ヨーガの経典、ヨーガスートラの最初の章(ヨーガスートラ 佐保田鶴治氏著)
にも、はっきりとその定義が記載されています。

ヨーガとは、真我に至る道である

ヨーガをされる方は、是非、なんのためにヨーガをするのか、
はっきりと目的と定義をもたれてから進められるのが
最も効果もあり、また正しいやり方であると思います☆
ですので、もし
ヨーガの世界にご興味おありの方は
是非、目を通して見てください(^^)☆

ですが、ヨーガに限らず
今は、一般的に
美容と健康、表面的な美しさ、一時的な快楽、苦痛からの解放、
あるいは一瞬で得られる、一時のリラックス...
そういったものを追いかける傾向が強く

内面を本当に努力して磨こう☆
自己を鍛えよう☆
それによって、永続的な至福を得よう☆
そんな風に、考えている人は、少ないのでしょうね...

自分磨きの類いの本も、数多く書店で並べられていますが、
どうなんでしょう?
どれだけの、説得力をもって
自分を磨くというテーマを掘り下げているのでしょうか?

きっと、書かれたご本人は、大変な努力をされたかも
わかりません。
ですが、読まれた方は実際に同じような努力を試みることが
できるのでしょうか?
読んだだけでは、決して効果はあらわれませんよね?

本との出会いもまた、その人に結ばれた縁

本当に自分を磨き、高めてくれる本との出会いがあるように
まずは
そんなものとで出会えるような、自己の感性を磨く
不必要なものには、なるべく出費をしない
流行や情報にながされない
...等

自分の心を見つめる訓練
そして
本当に自分を高めたいという欲求
そして
周りに対する、心からの感謝

日々、そんなことを考えながら
大切なものと自分とを結びつける
心の目を養っていきたいものです。

今日のワンポイントヨガ
☆悪口のカルマ☆

普通、悪口を言われて心が安らぐという人はいません。
それだけでも、悪口は戒められるべきことである
ということは、おわかりでしょう。
しかし、
面白くないことがあったり、腹が立ったりすると
ついつい、悪口を言ってしまいます。
この、守れそうで守れない「不悪口」の戒について
カルマの法則から考えてみましょう。
悪口は、
相手に苦しみを与えます。
よって、為したことは返ってくるという
カルマの法則からみるならば、
良く悪口を言う人は、絶えず、他から悪口を言われるという
因(原因)を作っていることになります。
そして、
因は、条件が整った段階で現象化しますから
必ず、自分も悪口によって苦しむことになるのです。
なぜ、私達は、悪口を言ってしまうのでしょうか?
その背景には、必ず、
相手に対する嫌悪、怒り、嫉妬などの
邪悪な心があります。
真理には、
[全ては心の表れである]という、教えがあります。
この教えに従うならば、
悪口を言えばその心の表れによって、
自分の周囲は、
嫌悪、怒り、嫉妬に満ちた世界になり
それによって、殺伐とした人間関係に悩むことになります。
そればかりではなく、
来世は、最も殺伐とした苦しみの世界
つまり、地獄へと転生してしまう可能性さえ
あります。
事実、
仏典にも、悪口によって地獄へ転生した例が
載っています。
[PR]
by atelier-kuh | 2010-03-12 09:42
line

atelier空kuhオーナーの気ままな独り言日記


by atelier-kuh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite