atelier 空 kuh

atelierkhu.exblog.jp ブログトップ

春めいて

日が長くなって来て、
日差しも少し、暖かく感じられる
今日この頃...☆
周りの景色も、ちょっとずつ
春に向かって歩き始めたようです。
まず
山のように積もっていた雪が
減りました!
アスファルトの道路が見えてきて
歩道の脇からは
植物の葉が顔を出しています(^^)

まだまだ
マイナス気温の日もありますが
着実に
春が近くなっていますね〜♪

気温が高くなっていくと、
自然と薄着になっていきますが
季節の変わり目は
特に
体温調節は注意が必要!

日差しに惑わされて
気温を確かめずに外に出ると、
ブルッと...一気に体温を奪われかねません。

体を冷やす事は
色々な意味で、マイナスです。

ヨガの世界においても
体温は重要ポイント☆

体の冷えは、功徳が減っているサインとも言われ...
冷え性は問題?!(^^;)

そんな事言われても〜...(泣)
女性は特に、冷え性の方...多いですよね。
実は
私も、重症の万年冷え性体質でした。
夏でも冷えを感じたり、
お風呂上がりでポカポカあたたまったはずなのに、
すぐに、
手足が冷たくなったり(TT)

それは
体質と、思って諦めていたんです...

ところが
ヨガを始めてから、完全に
冷えは無くなりました☆

まず
ゆっくりとした鼻呼吸は、
体全体を温めます。
そして、
肉体に72000本もあると言われる
ナーディー(中国で言う、経絡←ツボなどの世界でよく出てきます!)は、
エネルギー(プラーナ)の通り道☆
それを、ヨガのアーサナなどによって
通りを良くする事で
体の隅々まで「気」が通り、徐々に全体が温まっていきます。
アーサナをすると
ものの5分もしないうちに
体が汗ばんでくる事もよくあります。

毎日、こつこつ、ちょっとずつでも
ヨガを実践する事で
体のこりもほぐれ、
自然と、冷え性は改善されていきます。

もちろん
冷たいものを、積極的に「取らない」という
心がけも大切☆

アイスクリームや冷たいものの大食は
功徳を消耗し、
せっかく良い事をしてコツコツと積んだ功徳を
冷たいものの摂取によって
安易に減らしてしまうという...
なんとも、もったいない現象に繋がってしまうのです。
出来るだけ、温かいものを摂り
体を冷やさないように気をつける!
現代医学でも
「体を温めると病気になりにくい」なんて言われていますから、
理にかなっていますよね。

運動をして、体がカ〜〜ッと熱くなったときに
冷たい飲み物を飲みたくなる、
その気持ちは
よ〜〜くわかるのですが
そこを
ぐっとこらえて...
(^^)/
慣れです!
完全に慣れます☆
そして、慣れるとその方が、体にも優しい事に
気がつきます♪
実践して、自分で経験し、
納得する
この繰り返しが、一番効果を感じると思います(^^)

是非、お試しあれ☆

今日のワンポイントヨガ
☆執着は苦しみ☆

この世ではあらゆるものに、執着しなさい、手に入れなさい、と
教えられてきました。
しかし
ヨガの世界では、執着するなかれ
と、逆の教えが説かれています。
例えば、
麻薬の快楽に執着して来た人は
その快楽から離れる時に、死ぬほどの禁断症状を味わいます。
また、
アルコールの酔いに身を任せて来た人は、
悪くなれば
アルコール中毒で入院して、医者の目を盗んで
アルコール入りの整髪料まで飲むと言います。
また、
大学受験で、目当ての大学に落ちた学生が
自殺してしまうなど、
これも、目当ての大学に執着しすぎた結果と言えます。
異性も同じで
対象に執着すればするほど、
関係が破綻したとき、対象が去っていくとき、
強烈な苦しみを味わわなくてはいけません。
執着とは、
そのものなしには、
その対象なしには、
生きていけなくなるような、心の状態です。
それがゆえに、
それを失う、手に入れられなくなる時、
大変な苦痛を味わうのです。
そして、そのときは
執着という呪縛によって
真の心の自由を失っているのです。
私たちが、
執着からすぐに離れる事が出来なくても、
執着の裏側の苦しみを理解する事は
大変な利益があるのです。
[PR]
# by atelier-kuh | 2010-02-28 17:43

緊張すること

人前で、堂々と物事を発表できる人
自己アピールできる人
物怖じしないで表現できる人
...
正直、うらやましいです(^^;)

私は幼少の頃
とってもとっても
恥ずかしがり屋さんで
学校でも
手を挙げたり、前に立って発表したりなんて
苦手も苦手(笑)
ドキドキして、お腹まで痛くなっちゃうような
内気な子供でした(^^)

今、盛んにオリンピック中継が、されていますが
みなさん、
一流の選手の方だけあって
素晴らしいですね!

結果はそれぞれ
(私はメダルは別に、興味なし^^;)
いろいろな感想があって良いと思っているので
特に、こちらでは書くつもりもないのですが。
決められた時間の中で
いかに、自分の能力を表現するか...
ものすごい、プレッシャーを感じる方もいれば
いつも通り、普段通り、淡々とこなす人もいる。
それは、人それぞれなのだと思います。

話は戻って...

緊張の場面
オリンピックじゃなくても
日々の生活の中で
「なんだか、ちょっと緊張しちゃう...」
そういう、シチュエーションってありますよね!
「はい!注目!!」みたいに、大勢の眼が自分に集中する時!!など、
ドキドキ
しませんか?

最近は
あまり、そういう機会が減ったので
私は、試す機会もないのですが...

そんな時!
緊張しない方法があるんです(^^)♪
(そもそも、あがり症じゃない方には、必要の無いお話しかもしれませんが)

それは何かと言いますと!

日頃の行い
なんです☆

(ふふ、簡単?!)

常日頃の、行い
これにつきるんです(笑)

常日頃から、良い行いを積み重ね
功徳を積み(功徳に関しては、前半記事ブログのワンポイントヨガにて)
他の幸福を心から祈って、
感謝の心で生活する

すると
周りはみんな
当然、自分の味方ばかりが増えていきます☆

その人は
いつも、心が明るく安定し
光を発する☆

きらきらと内側から輝く人に
人は惹かれます(^^)


緊張するのは
失敗を恐れる気持ち、
あ〜、こんな風に思われたらどうしよ〜(><)
間違っちゃったらやだな〜...
そんなネガティブな想いから波及します。
そして
一番やってはいけないのが
他の失敗を、思う事...

あの、ゴルフで有名な一流選手
T.ウッズ選手は
プレー中、接戦においても
決して、相手の失敗を想像したり祈ったりすることは
しない、というのは有名な話。
私たちは、スポーツにしても何にしても、
つい、相手チームのミスを喜んだり、してしまいがちです(^^;)
ついね...

でも
その、ネガティブな想念は
ネガティブな想念として、自分に返ってきてしまうのです。
それを、知っている一流選手は決して
他のミスを想像したり、願ったりはしません。
「頑張れ!」
なんて、競っている相手なのに祈れるか!?と、
思われる方も多いですよね(^^;)
ごもっとも...
でも、
お試しあれ☆

心から、他の成功を願う事が出来る人
他の幸福を祈る事が出来る人は
自分も
他人から、そのように思ってもらえるんです(^^)

嬉しいですね♪

それじゃ〜勝負にならないじゃない??
そうかもしれません。
しかし
見ていて清々しいスポーツの世界を例にとっても
一流の選手たちは
勝っても負けても
試合の後に、握手したり抱き合ったりして
互いの労を労ったり、称賛しあったり
していませんか?

↑素晴らしい感動の場面です。

人は
ライバルを想定する事で
自己に打ち勝つ、多大な努力をしたり
信じられないほどの、潜在能力を引き出したりすることも可能だと言われています。
ですが
そのライバルがいるからこそ、結果を出せるのであれば
ライバルの存在は、感謝に値こそすれ
憎んだり、ましてや失敗を望んだりする相手ではありませんよね。

共に喜び、そして称賛し、成長する☆

そんな仲間がいるって幸せ☆

人前に出ると緊張しちゃう人、あがり症の克服には
他の成功を心から祈る
共に、喜び
感謝する

これだけで良いのです

ね、簡単でしょ☆
はい、私も日々こつこつ、その実践に取り組んで参ります(^^)/

今日のワンポイントヨガ
☆全ての人は自分の教師?!☆

ヨーガの哲学では、全ての人を
自分の教師として見る、という実践があります。
そうすると、こんな声が聞こえてきそうです。
尊敬に値する人は、それは自己の教師と言えよう。
でも、
劣った人、悪を為す人をどうして教師と見る事が出来ますか?
確かに
それは、一見的を得た答えであるかのように感じます。
では一体、なぜ
ヨーガの経典ではそのような事を
説いたのでしょう?

先日、私は夜間、運転中に
無点灯の車を見て
「危ないな〜!」と、感じました。
「ちゃんとしてほしいな」
と、まさに優越の心が生じたのです。
でも、まさか
私はそんなミスはしないよな...
と、何気にライトを操作する部位を確かめたら
あろうことか、自分自身も無点灯であったのです。
もし、
無点灯の車と出会って、自分の車をチェックしなかったら
大事故に繋がっていたかもしれませんね。

これと同じように
もし、悪しき人を見て、
自分も同じような傾向がないかな、と
自己をチェックするなら、その人は自己を省みる事によって
自己の欠点を未然に防ぐ事が出来るのです。
ゆえに、
悪人も自分の反面教師だったのです。
このように考える人は
良き人を見ては称賛するが故に
自己も向上でき
また、
悪しき人を見ても、自己を省みて自己の悪しき点を
チェックする、
それゆえ、
この世は全て自分の教師であるという
智慧ある結論に達するのです。
[PR]
# by atelier-kuh | 2010-02-27 11:50

繋がり

会った時に、なんとなく...
初めて会った気がしない、
以前にも、どこかであったような気がする...

初対面なのに
こんな感想を抱く相手って
いますよね!

「ご縁を感じる」

日本人は特に
この「縁」という言葉
よく使うと思います。

「縁」
人と人とのつづきあい。関係。
ゆかり。
仏教では「因」と同義にも用い
原因をたすけて結果を生じさせる作用
「前世の縁」「因縁、縁起」
(広辞苑より)

深い深いつづきあいによって
出会った目の前の人は
どこかで本当に
既に、会っていた...
それは
なんとなくの感覚ではなくて
巡り巡って
会うべくして会った相手
生まれる前からの約束で...
もしくは、
遠い遠い過去において
魂同士がしっかりと記憶して...

人とのご縁には
いつも不思議なものを
感じます。

あのとき
あそこに出向かなければ、
会う事は無かった...
あのとき
あんな事が無かったら...
たまたま、あの場所に行ったから...

いえいえ
たまたまではありません。
偶然ではないんです。

ヨガの世界に、偶然は存在しないといわれます。

全ては
必然

目の前のその人も
いつもそばにいるあの人も
そして
大好きな
あの人も...

みんなみんな
遠い昔から、
知っている

出会うべくして
出会うべきタイミングで
出会った
いにしえからの深い繋がり

全ての縁に
感謝して
これから出会う縁も、

素晴らしいものでありますように☆

今日のワンポイントヨガ
☆カルマは生まれ変わりをも決定する?!☆

自己の為した心、言葉、行為は
必ず自らに返るという、カルマは
カルマン(業)と、訳され
仏教思想と考えられがちですが、
ヨーガの世界では
もっともっと古くから、ウパニシャットという聖典に記載されていました。
それによりますと、
カルマは、人生全てを決定するだけではなく、
生まれ変わりをも、決定するというのです。

悪業を重ねるなら、地獄へ
無智を重ねるなら、動物へ
貪欲な魂は、餓鬼へと至り、
永遠の苦しみの輪廻から逃れられないと記載されています。
悲惨な状態を称して
「奈落の底へ落ちる」
と、ありますが、この奈落はヨーガ経典で地獄を表す
ナラカ(サンスクリット語)が、語源なのです。
地獄はあってほしくないですが、
他を殺したり、傷つける行為の
悪いカルマしか無い場合、
返ってくる世界は、
苦痛だけの世界、地獄が、成立する方が論理的であることが
理解できませんか?
信じるか、信じないかは
皆さん次第です。
[PR]
# by atelier-kuh | 2010-02-26 10:20

慈しむ心

ヨガの世界には
戒律というものが、存在します。
ヨガを行っていると
自然と健康になったり
治癒力がアップして、病気やけがに強くなったり
ということは、もちろんあるのですが、
そういうものとはまた、ちょっと違った
「やってはいけない事」
「戒めにあたる行為」
のことです。
いくつか、あるのですが、(5〜10とも20とも、100ともまた、それ以上とも言われます...)

殺生するなかれ(不殺生)
という、戒について

全ての生き物を
慈しみなさい
という、教えです。

たとえ、小さな生き物でも
害虫とよばれるものであっても(^^)
傷つけては、いけませんよ〜☆
というものです。
...
いかがでしょう?
それは、無理!
と、思われる方、
それとも、
そんなの当然!
と、思われる方...

ご自分の可愛がっているペット
こちらは、可愛がれますよね☆
そして、慈しむのも当たり前♪

今、ペットブームですから、人間より大切に扱われて
まるで、自分の子供のように(またはそれ以上に?!)
可愛がっていらっしゃる方も多いと思います。
それはそれで、とても良い事ですよね☆
私も、犬や猫、ウサギに鳥...金魚や熱帯魚、いろいろな生き物を飼っていました!
ではでは

これは、嫌いな方、多いと思います(^^;)
春になって、
虫たちも活発に動き回る季節
夏には、TVで殺虫剤のCMもよく見かけるようになります。
でも
虫からすると迷惑な話
自分たちは、懸命に生きているだけで
人間に「害虫」呼ばわりされるなんて心外!!
...かもしれません(笑)

ここからはちょっと難しい解釈ですが
実際、農家の方からすると
丹誠込めて作った農作物を荒らす、虫たちは
やっぱり、害虫なのかもしれません。
けれど、虫からすると
人間の食べ物であろうと、なんであろうと
自分たちの命をつなぐ食物がそこにあれば、それを食べていかなければならないのも
事実
虫の知能では
人間のものだから食べてはいけない
という、判断は出来かねます...
だったら
そんな、知能の低い生き物は殺しても良い!
それは、また...乱暴な(^^;)
...
嫌いなものは嫌いだ!!
それまた、傲慢な(^^;)
...
じゃ〜どうしたらいいの!?

どうしたらいいんでしょう?

☆カルマは必ず自分に返ってきますよ☆

むやみに小さな生き物を殺したり
傷つけたりする行為は

怪我をする
やけどをする
...などなど
自分が傷つく行為として返ってくると言われます。

よく怪我をする人
その怪我がなかなか治らない人
治っても、また怪我をして年中、繰り返す人...

生き物に対する「嫌悪の気持ち」が強くはないか
今一度
振り返ってみるのも一考です。

先日、
知人が教えてくれたお話です。
知人のお子様は小学生☆
ある日、白菜でお料理をしようとまな板に白菜をのせたところ
ちいさな芋虫がついていたとのこと(@@)

外は吹雪

ちいさな芋虫は、まだ生きていて
白菜に丸い穴をあけていたそうです。
ゴミ箱に入れたら
死んじゃうだろうな...
外に出しても...
そう思ってみていたら
なんとなく、可哀相になって(TT)

お子様に
「いいものあげる」と、言って
白菜の切れ端ごと、その芋虫をあげたんだそうです。
お子さんはにっこり(←この時点でなんか、違う^^;)
プラスチックのケースに入れて
霧吹きをかけたり、えさを取り替えたり...
毎日、お世話を始めたそうです。
「この芋虫、図鑑にも載っていないよ!」
「蝶かな?蛾かな?」
小さな芋虫を観察しては、興味津々...☆
この子には、高級なペットはいらないな...(^^;)
小さな生き物を慈しむ心は、高いお金を払わなくても
十分に培う事が出来る
そう、感じたそうです。

昨今の、ペットブームは
心の虚しさ、寂しさ、孤独感
そういうものを一時的に埋める、
現代人の心の背景を映し出していると、以前TVで誰かが解説していました。
その証拠に
飽きられたり、大きくなって手におえなくなると、簡単に捨てられる...
という、気の毒なペットたちが多いのも事実です。

小さな生き物にも
同じ命を感じ
大切に慈しむ心

きっと
誰もが小さな子供の頃には
持っていた優しい心のはず

戒律というと
厳しい決まり事のようにも感じるかもしれませんが、
人が本来持っている
温かい思いやりの心

ヨガをやる方、やらない方
関係なく
その心を
思い返して
大切な宝物のように
日々過ごしてみてはいかがでしょうか?

今日のワンポイントヨガ
☆カルマは本当に存在するのか☆

光は、光ファイバーで知られるとうり
情報を運ぶ性質を持っています。
例えば
現代主流の光フレッツなど
髪の毛ほどの細さで、膨大な量の情報を
私たちのパソコンに運んでくれます。
もちろん
パソコンに限らず、テレビやラジオ、携帯の電波など
電磁波は全て光ですから、
光は、情報を運ぶ
ということは、言わずと知れた事実です。
ヨーガの理論では、
過去に為した一切のカルマ
現在為した一切のカルマが
個々の光の領域のデータバンクに存在すると
考えられています。

現代物理では
生体光子(バイオフォトン)
といって、遺伝子が微量ながら、
光を発するという研究報告がなされ、
日本でも科学技術省、
世界でもノーベル賞受賞の科学者など
数十の研究機関でもなお、
研究に取り込まれています。
それが真実なら、
人間が生まれながらにして情報、
カルマを持っていると、言える事になります。
そうなりますと、
生まれながらにして、幸福で恵まれた国や環境に生まれたり
逆に
貧しく、悲惨な境遇に生まれたりと、
生まれながらにして様々な、個体差が生じる事に説明がつく
と、言えないでしょうか?

つまり、
私たちの人生は
過去のカルマによって
どのような経験をしなければならないか
既に、情報をもっていることになります。
もちろん、
過去の情報(カルマ)だけではなく、
これからの(未来において)
つくりだす心、言葉、行為、のカルマも
データバンクに蓄積され
私たちの未来を決定するのです。
[PR]
# by atelier-kuh | 2010-02-25 10:32

人間のエゴ

エゴっていうと、
どんなイメージを持たれますか?
エゴって
一体なんでしょう?

egoist 利己的な人、自分本位の人
egoism 利己主義、自分本位

利己主義って...?

自己の利益だけを、行為の規準とし、社会一般の
利害を念頭に置かない考え方。
主我主義⇔利他主義
(広辞苑より)

世の中で
あまり、自分の事を
「私は利己主義です!」
「私は自分本位です!」と、アピールする人はいないですよね。
でも、
人間のほとんどは
自分が一番大事、というエゴをしっかり持っているのではないでしょうか?
もちろん
私にも...。
その
「エゴ」
突き詰めると、それを追求すればするほど
一体何が残るのか?
自己満足?
最高の幸福?

何が残るのでしょう?

私は
虚しさが残ると経験しました。
自身、
エゴの固まりでした。
数年前、本当に
心の底から
欲しいものが、手に入れたいものが、
あったのです。
でも、どんなに努力しても、どんなに努力しているつもりでも
手には入りませんでした。
それは...努力が足りなかったんじゃないか?
そういう人もいました。
もっと、別の方法があったんじゃないの?
叶わない願望なんてないよ〜...
などなど

巷に溢れる
願望を叶えるグッズや、書籍の数々...
どうしたら、願いは叶うのか?
悲しみの果てに見つけた願望は、周りをも幸せにすると
そう、信じていました。
そして、それを叶える事に
躍起になっていました。
これが、叶えばきっと
私も、周りもしあわせになるはず!
だって...
周りも幸せになる願望だったら、きっと神様も
叶えてくれるはずだし...etc.

私のエゴは
限りなく広がって、大きく大きくなり
自分自身をしだいに見えなくしていきました。
自分を見失った人間からは
人は離れていきます。

気がついた時には
虚しさ
無力さ
そして、自分の力ではどうにも出来ないことが存在するという、
事実を知る事になるのです。

自分本位

自分って一体なんでしょう?
その欲望を満たしたら
何が残るのでしょう?
一瞬の喜びの為に
どれだけの犠牲を払う事になるのか、
それに気がつかずに、その場その場の喜び事に満足する事が、
いかほどの事なのか...

行き止まりの、
大きく立ちはだかる壁に
突き当たって初めて、
目の前に
もやをつくって自分を覆っていた
エゴの大きさに
驚き、
そして
それに気がつかなかった自分の愚かさを恥じ
涙し...

「利他の心」
その、心の崇高さに
触れ
そのように、生きたいと
そうでありたいと

遠回りしてやっと、気がついたのでした。

今日のワンポイントヨガ
☆時間☆

時間があったら何をされていらっしゃいますか?
時間があるとき何を見つめていらっしゃいますか?
この世で何も得られない人は
時間があるとき、遊んだり、
無意味な事に大切な時間を費やします。
この世でたくさんの幸福や
成功をおさめる人は
自分の精神の向上や
能力の向上に
時間を費やすものです。
 
例えば
ヨーガの世界では、時間があれば
アーサナを実習したり
呼吸法を行ったり
瞑想をする。
または、
功徳を積む事や、戒を守る事を心がける。
時間を無意味に過ごす人と
時間を大切に過ごす人の
一ヶ月、一年、十年は
天と地ほどの開きが出るのです。
自分を見つめ、
自分は時間を大切にしているかどうか
今一度、確認してみませんか?
一生に与えられた時間は有限です。
そして
智者はその有限の時間を
本当に大切にするのです。
[PR]
# by atelier-kuh | 2010-02-24 09:50
line

atelier空kuhオーナーの気ままな独り言日記


by atelier-kuh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite